芋リーマンがゼロからはじめる資産形成術

資産も知識もゼロの普通のサラリーマンが実践する資産形成術を公開!

JALマイルのお得な使い方【月9000円の節約に相当】

f:id:zero-riman:20191110224714p:plain

昨今、キャッシュレス決済が推進されており、その種類は多岐にわたります。それに伴い、還元されるポイントの種類も非常にたくさん存在する状況になっていますね。

 

PayPayボーナス、LINEPayボーナス、楽天ポイント、マルイポイント、東急ポイント、Tポイント、Dポイント、JALマイル、ANAマイル、WAONポイントなど挙げだすときりがないくらい存在しています。

 

ちなみに私が貯めているのはJALマイルです。JALマイルの効率的な貯め方はこちらの記事をご覧ください。
www.imo-riman.com

マイルは貯めかたも重要ですが、貯めたマイルをどのように使うかということが、とても重要になってきます。

 

なぜなら、使いかた次第でマイルのお得さが変わってくるからです。
  1マイル → 1円?
  1マイル → 2円??
  1マイル → 3円???

 

せっかく貯めたマイルですから、できるだけお得に使いたいですよね。

この記事では、そんな皆さんに向けてJALマイルのお得な使いかたを解説しています。

 

 

JALマイルの使いかた

f:id:zero-riman:20191110224853j:plain
貯めたJALマイルにはさまざまな使いかたがあります。

主な使い道は以下です。

・特典航空券
 (国際、国内、どこかにマイル)
・JALのクーポン、ポイント
・各種電子マネー
 (WAON、amazonギフト券)
・座席アップグレード
・各種景品

 

JALマイルのお得な使いかた

f:id:zero-riman:20190602223023j:plain
ではいくつかある使いかたのうち、どれがお得なのでしょうか?

 

私がもっともお得だと考えるのは「どこかにマイル」です。

 

なぜなら、もっとも還元率が高いからです。言い換えると、我が家にとってもっとも節約になるからです。以下にその理由を解説します。

 

どこかにマイルとは

どこかにマイルとは以下3つの特徴をもつサービスです。
・6000マイルで往復航空券がもらえる
・出発空港は羽田、伊丹、関西のみ
・行き先は4候補のいずれか

 

どこかにマイルでは6000マイルで国内往復航空券をもらうことができます。通常の国内航空券は片道6000マイル〜10000マイル必要なので、半分以下のマイルで往復航空券をゲットすることができます。

 

ただし、選択できる出発空港が限られています。現時点で選択できる空港は、羽田、伊丹、関西の3空港です。
最初は羽田のみだったので、今後増えていく可能性に期待したいところです。

 

そして、最大の特徴は行き先空港が4つの候補地のいずれかになるということです。申し込み時に、発着日と時間帯を選択すると4つの候補地が表示され、それに納得した場合は申し込みをします。

その後、2〜3日後に行き先が決まります。もし、申し込み時点で4つの候補先が気に入らない場合は、発着日と時間帯を選択し直すと別の候補先が4つ表示されます。

一日に数十回まで選択し直すことができるので、納得のいく候補先が表示されるまでチャレンジし続けることも可能です。わたしは何回もチャレンジしまくってます。笑

 

行き先はどこになるかわからないかわりに航空券をお得にゲットできる、といったサービスということです。

 

どこかにマイルがお得な理由

どこかにマイルがお得だと考える理由は、還元率が高く我が家にとってもっとも節約になるからです。

 

1マイルあたりの金銭的な価値を比較すれば還元率がいかに高いかがわかります。

もし、国内航空券を普通に購入しようとすると、ある程度早目に予約したとしても片道9000円〜15000円です。往復だと18000円〜30000円になります。

どこかにマイルでは6000マイルでその往復航空券がもらえるので、
18000円÷6000マイル=3円/マイル
 :
30000円÷6000マイル=5円/マイル

つまり、1マイルあたり3円〜5円程度の金銭的価値があると考えることができます。これは、他の使いかたと比べて圧倒的に価値が高いです。

 

例えば、Amazon金券は1マイルが1円です。どこかにマイルの場合は、その3倍〜5倍にもなるということです。

 

もちろん、申し込み時に表示された4つの行き先に行きたい旅行先が含まれていたとしても、当たる確率は25%です。ほかの行き先になってしまう可能性が高いので、絶対に行きたい場所がある場合にはおすすめできません

しかし、旅行はどこに行くかよりも、誰と行くかが重要と考えている我が家にとっては、とてもお得なサービスになっています。

 

我が家ではどれくらい節約になっているか

我が家では、妻と2人で年に3回ほど国内旅行にいくのが恒例になっています。

仮に1マイルを4円換算とすると、1マイル1円のAmazon券と比べて、1マイルあたり3円お得になります。

すると、1年あたりでは
 6000マイル✕2人✕3回✕3円
 =108,000円!
もお得になります。

一月あたりに換算すると9000円にもなります。月9000円を節約するのはかなり大変です。9000円稼ぐのはもっと大変です。

JALマイルをうまく活用することでそれに匹敵する節約効果があるということです。

 

どこかにマイルを使うことで、普段なかなか行くきっかけがない地域にいくことができるというのも楽しみになっていますね。
(日本国内にはすばらしい地域がたくさんあります!)

 

最後に注意点ですが、そもそも旅行に行かない人にとっては「どこかにマイル」は節約にはなりません

無理して旅行にいくと不必要な出費が増えるので、節約どころか逆に出費が増えることになってしまいますのでご注意ください。

 

以上、JALマイルのお得な使い方でした。

 

 

以下、関連記事になりますのであわせてご覧ください。

www.imo-riman.com
www.imo-riman.com