芋リーマンがゼロからはじめる資産形成術

資産も知識もゼロの普通のサラリーマンが実践する資産形成術を公開!

投資ビギナーにとって株式投資が最適な資産運用方法である3つの理由

f:id:zero-riman:20190716151108p:plain


 株式投資をはじめてみたいと思ってはいるけど、なんとなく不安だったり、その必要性があまりピンときていない方は多いのではないでしょうか?

 

私も3年前まではまさにその状態でした。

お金は寝かせたら損といった考え方や、お金持ちの人はだいたい株をやっている、ということを聞いたことがあったので、なんとなく株式投資は始めないとな〜、って思ってました。

その間、約10年間。笑

 

同じような思いを抱く方のために、この記事では、投資ビギナーにとって株式投資が資産形成のために最適な方法である理由を解説しています。

 

「株式投資って少し怖い」「必要性がイマイチわからない」と感じている方が、株式投資の必要性を知るキッカケになればと思います。

 

 

 

資産運用が必要である理由

f:id:zero-riman:20190520230102j:plain

豊かで自由な生活のためには資産が必要

豊かで自由な生活のためには、それなりの資産を築く必要があります。

たとえば、残りの人生に必要なお金(資産)が手元にあれば、お金にしばられることがなくなり、自由な生活をおくることができますよね。

仕事や居住地、働く時間などを選択する自由度があがります。

 

逆にお金(資産)がないと、給料をもらうために死ぬまで労働せざると得ません。死ぬまで働きたくなければ、資産を築く必要があるということです。

 

資産を築くための大原則

では、資産を築くためにはどうすればよいのか。

それは極めてシンプルです。

 

資産の増減は以下の式で成り立ちます。

 資産の増減 = (収入ー支出)+ 資産✕運用利回り

 

つまり、資産を増やしてくためには、

 ①収入の最大化
 ②支出の最小化
 ③運用利回りの最大化

の3つすべてをバランスよく実行していくというのが現実的な方法になります。

一部の経営者や芸能人など超高収入の人であれば「①収入の最大化」で突き抜けることで資産を築くこともできますが、"普通"の所得の人には無理です。

そこそこ稼いで、それなりに節約して、ある程度の運用利回りをとっていくということが重要です。

 

この記事では、運用利回りに焦点をしぼって解説していますが、もちろん収入を増やすこと、節約することも重要です。節約ついてはこちらの記事で解説しています。

 

資産運用の種類

「資産運用」にはいろいろな種類があります。株式投資はあくまでそのひとつにすぎません。

主な資産運用の種類としては、以下のものがあります。

一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

 ・株式(投資信託、ETF)
 ・債券
 ・預貯金
 ・仮想通貨
 ・FX(外貨預金)
 ・金
 ・不動産
 

では、数ある資産運用のうち、なぜ株式投資が投資初心者にとって最適な資産運用方法なのでしょうか。

 

投資ビギナーとって株式投資が最適な資産運用方法である3つの理由

f:id:zero-riman:20190520230021j:plain


株式投資(投資信託やETFも含む)が投資ビギナーにとって最適な資産運用方法である理由は以下3点です。 

 

 ①簡単に少額からはじめられる

 ②ほったらかしでOK

 ③それほど勉強しなくてもそれなりのリターンを得られる 

 

①簡単に少額からはじめられる

株式投資は、手数料が安いネット証券がオススメです。家にいながらインターネットとスマホやパソコンがあれば株式投資をはじめることができます。

また、資金も投資信託であれば100円から可能です。不動産投資のように頭金や融資を受ける必要もありません。(融資を受けられるというのが不動産投資のメリットでもありますが・・これはまた別の記事で)

 

まとまった投資資金がないサラリーマンであっても少額からコツコツと投資していくことができます。

 

②ほったらかしでOK

優良な企業、優良な投資信託やETFを選べば頻繁な売り買いは必要なく、長期でもっているだけでOKです。(優良な企業や投資信託については別記事で解説しますね)

なぜなら、グーロバルな資本主義経済が今後も成長する限り、企業も成長し続けます。つまり、ほったらかしておくだけで、株価上昇や配当金によって資産が増えていくということです。

本業が忙しくて勉強する時間を確保できないサラリーマンにとって、もっているだけでOKというのは大きなメリットですね。

 

③それなりのリターンを得られる

下図は、名著「株式投資の未来」から引用したグラフです。シーゲル教授が長年の調査により集めたデータです。

見てわかるとおり、国債や金と比べて株のリターンが圧倒的に高いですね。

なんと、

 1801年の$1 → 2001年に$597,485

になっています!約70万倍(驚)

f:id:zero-riman:20190520232812p:plain

             "株式投資の未来より"

しかも、ところどころでは浮き沈みがあるものの、長期的に見るとキレイな右肩上がりです。ほったらかしでOKというのも納得できるのではないでしょうか。

この先の未来もこの延長線となる可能性が100%とまでは言い切れませんが、新しいテクノロジーや産業が生まれ、世界の人口が増えて需要が増える限りは経済は成長していきます。つまり、今後もこの右肩あがりという傾向は長期的に見れば変わらないと考えています。

 

いかがでしょうか。株式投資が最適な資産運用方法であると思えてきませんか?

 

まとめ

 ・自由で豊かな生活を送るためには投資が必要

 ・いくつもある投資の中で、投資ビギナーにとっては株式投資が最適

 ・過去の歴史で、株式投資ではほったらかしでそれなりのリターンが得られている