ふるさと納税

ふるさと納税 お得度をアップさせる2つの方法

ふるさと納税は、寄付をすると実質2,000円で豪華な返礼品をもらえるお得な制度です。

しかし、実は、これから紹介する2つの技を使えば、お得度をさらにアップさせることができます!

それでは、解説していきます。

おっと

ふるさと納税を最大限活用しましょう。

ふるさと納税ってなに? アルメイダちゃん 「ふるさと納税」ってよく聞くわね。お得だっていうし、始めてみたいけど、なんだか難しそう。。 ...
ふるさと納税のメリット・デメリット ふるさと納税のメリット、デメリットを解説していきます。 おっと 重要な注意点があるので、必ず確認しましょう! ...

おさらい:「ふるさと納税」ってなに?

ふるさと納税 とは
  • 自分の好きな自治体に、寄付ができる
  • 寄付したら、お礼(返礼品)がもらえる
  • 寄付金-2,000円 = 返金される(税金が安くなる)

    → つまり、実質2,000円で豪華な返礼品ゲット!

ふるさと納税とは、簡単に言うと「自分の好きな自治体に寄付ができて、お礼の品までもらえる制度」です。

さらに寄付したお金から2,000円を引いた金額が、返金されます。(翌年の税金が安くなります。)

つまり、実質2,000円で豪華な返礼品がもらえる、とっても素敵な制度です。

さらに得する方法があります!

ふるさと納税は、利用するだけでお得な制度ですが、次の2つの方法を知っていればさらに得することができます

いくら得をするの?

アルメイダちゃん

さらに得するって、いくら得するの?

結論からいうと、ふるさと納税で寄付した額の、約半額分得します。

例えば、年間50,000円 寄付した場合、半分の25,000円分くらい得するということです。

もう少し詳しく説明すると、50,000円分ふるさと納税で寄付した場合、48,000円が翌年の税金から引かれて返金されますから、出ていくお金は2,000円です。次の2つの方法を使えば約27,000円分入ってくるので、差引き25,000円得する、という計算です。

得する2つの方法

では、どうしたら得するのか、説明していきます。

1、お得な返礼品をねらう

ふるさと納税で用意されている返礼品は、ひとつひとつお得度が違います。

この「お得度」のことを「還元率」という言い方をしますが、これは寄付した金額に対して、どれくらいの価値の返礼品がもらえるかの割合です。

(例) 寄付額 10,000円 返礼品 3,000円相当
    還元率 30%(3,000円/10,000円)

還元率がいい自治体と、そうでない自治体。
還元率がいい返礼品と、そうでない返礼品。
これらが存在します。

つまり、還元率がいい自治体で、還元率がいい返礼品を選べば、よりお得にふるさと納税を利用できるということです。

アルメイダちゃん

還元率何%が「お得」って言えるの?

目安として、還元率40%以上を狙いましょう。つまり、10,000円の寄付に対して、4,000円相当の返礼品であれば、お得だとアルメイダは考えます。

例)

返礼品寄付額相当額還元率
お米 10kg10,000円4,000円(5kg=2,000円)40%
豚こま切れ4kg10,000円4,800円(100g=120円)48%
鶏むね肉 8kg10,000円5,600円 (100g=70円)56%
※相当額は、ネットスーパーの金額を参照して算出しています。

仮に、還元率40%の返礼品をもらえたら、50,000円寄付に対して20,000円分得したことになりますね。

おっと

上記の「入ってくるお金27,000円」のうちの20,000円がこの返礼品です。

2、ポイントを貯める

ふるさと納税でも、普通の買い物と同じようにポイントを貯めることができます。

ポイントは合わせ技を使うことで、賢く貯めることができます。アルメイダが実践しているのは、次の3つの「合わせ技」です。

1⃣ 楽天の買い回りポイントをねらう
2⃣ クレジットカード払いをする
3⃣ ポイントサイト経由で買う

1⃣ 楽天の買い回りポイントをねらう

ふるさと納税のサイトはいくつもありますが、断然、「楽天ふるさと納税」がおすすめです。

「楽天ふるさと納税」では、通常の楽天市場の買い物と同じように、楽天ポイントを貯めるのことができます。定期的に開催される「お買い物マラソン」の買い回りポイントを狙えば、最大限、楽天ポイントを貯めることができます。

f:id:zero-riman:20190506231123p:plain

「お買い物マラソン」とは…
期間中に1,000円以上購入したショップの数がそのままポイントの倍率になる、お得なイベントです。

アルメイダちゃん

アルメイダ家では、お買い物マラソンのタイミングで生活必需品を買って、ポイントアップを狙っているわよ。

(例)ふるさと納税5自治体、生活必需品3店舗
   → ポイント8倍!

2⃣ クレジットカード払いをする

これは説明するまでもありませんが、楽天ふるさと納税の支払いをクレジットカード払いにして、ポイントをもらうということ。

おっと

この時、楽天カードを使えば、さらに楽天ポイントが貯まるのでおすすめです。

3⃣ ポイントサイト経由で買う

ポイントサイトをご存知ですか?

ポイントサイトを一度経由して、購入先のサイトに飛ぶだけでポイントを二重取りすることができます。

例えば、「ハピタス」はアルメイダが使っているポイントサイトです。

「ハピタス」を経由する
→ 「楽天ふるさと納税」のサイトに飛ぶ
→ 返礼品を選ぶ(=寄付)
→ クレジットカードでお支払いする

これでポイントの三重取りですね!

例)ポイント三重取り

1⃣ 楽天買い回りポイント50,000円✕11%=5500円分
2⃣ クレジットカード払い50,000円✕2%=1000円分
3⃣ ポイントサイト経由50,000円✕1%=500円分
合計ポイント 7000円相当
おっと

もちろん、節約にこだわらず、自治体に貢献したい、普段買わないような贅沢品をもらいたいといった目的でふるさと納税を楽しむこともできます。

それぞれの価値観でふるさと納税を活用していきましょう。

まとめ
  • 2つの方法を使えば、ふるさと納税の寄付額の約半額 相当 得できる
  • 方法① お得な自治体で、お得な返礼品をねらう
  • 方法② 合わせ技で賢くポイントをゲットする
あわせて読みたい