つみたてNISA

つみたてNISAってなに?

お給料は上がらないのに、税金は上がる一方。

その上、年金だけでは生活できない…なんてニュースもありますね。

老後のお金の不安を解消するには、投資でお金を増やす必要があるとアルメイダは考えます。

投資の初心者さんにおすすめする、投資制度の一つが「つみたてNISA」です。

アルメイダちゃん

投資をはじめて老後に備えないと。

株ってなに? おっと 突然ですが、質問です。 質問)2001年にAmazonの株を100万円分買っていたら、今いくらになっているでしょうか...

つみたてNISAとは?

「つみたてNISA」は、2018年1月にスタートした初心者にやさしい投資制度です。

長期にわたって、リスクの低い商品を、コツコツ積立てていけるようデザインされているので、将来の資産を手堅く築いていくことができます。

つみたてNISAの特徴
  • 投資で増えたお金に税金がかからない。
  • 金融庁が厳選した商品だけが揃っているので、安心。
  • 決まったタイミングでつみたて購入できるので、判断不要。
  • 100円から始められる。
  • いつでも売却可能。(iDeCoは60歳まで売却できません)
  • 年齢上限がないので、どの年代にもおすすめ。(iDeCoは60歳まで)
  • 年間40万円まで投資可能。

つみたてNISAがおすすめな理由

初心者におすすめな理由 ①節税ができてお得

つみたてNISAで増えたお金には、税金がかかりません。
こちらは初心者にかかわらず、つみたてNISAをおすすめする理由の一つです。

年間:40万円
20年間:800万円(40万円 ✕ 20年間)
つみたてNISAで株を買ったとします。

おっと

これを元本(がんぽん)というよ。

20年間 平均4%ずつお金が増えた場合、
約420万円 お金が増えます。

正直4%でも低めに見積もってます。
まともな商品に投資すれば、これも全然現実的な範囲だと考えています。

おっと

これを利回り(りまわり)4%というよ。

20年後の金額:約1220万円

つみたてNISAの制度を利用せずに株を買った場合、
増えたお金(約420万円)には20%の税金(約84万円)がかかりますが、
つみたてNISAの場合は税金がかかりません。

約84万円の税金が 0円ですみます。

ただし、iDeCoの場合、株を買うお金(上記の場合、800万円)にも税金がかからないので、節税の点ではiDeCoのほうがお得です。

初心者におすすめな理由 ②厳選商品なので安心

つみたてNISAは、国民が安心して資産を築けるよう、政府が作った制度です。そのため、金融庁の基準をクリアした厳選商品がラインナップされています。

価格変動が激しいリスクの高い商品は除かれているので、初心者でも安心して商品を選ぶことができます。また、運用中にかかる手数料(信託報酬)は一定額以下、購入時の手数料0円と決まっているので、手数料が高い粗悪な商品もありません。

さらに、すべての商品が投資信託なので、何を選んでも低リスクで投資ができます。

「投資信託」とは、投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が投資・運用する商品のことです。

一人で投資できる企業はたかが知れていますが、投資信託であれば一人ひとりのお金は少額でも合わせると高額になりますから、多くの会社に分散して投資ができるのです。

そのため、その中の1社倒産した場合でも、株が紙切れになることはないので安心して投資できます。

投資の鉄則は、たくさんの種類の商品を買って、分散させることです。これを「分散投資」といいます。

初心者におすすめな理由 ③つみたて投資なので簡単

つみたてNISAは、その名の通り「つみたて」方式の買い方に限定されています。毎週、毎月など決まったタイミングで、決まった金額を坦々と買っていく仕組みです。

坦々と買い続けることは初心者にとって、とてもメリットがあります。なぜなら、タイミングを図って買うのは、至難の業だからです。

なるべく安いときに買いたいと思うあまり、なかなか買えなかったり、高くなる前にたくさん買っておこうと思うあまり、一度にたくさん買って失敗してしまったりするものです。買った直後に値下がりすると落ち込んで、精神をすり減らす人もいるでしょう。

つみたて投資であれば、一度設定してしまえば、後はほったらかしでOKなので初心者にも簡単です。

まとめ
  • つみたてNISAは、初心者にやさしい投資制度
  • 増えたお金に税金がかからない(節税)
  • 厳選商品なので、安心して購入できる
  • つみたて投資なので、簡単。
あわせて読みたい