芋リーマンがゼロからはじめる資産形成術

資産も知識もゼロの普通のサラリーマンが実践する資産形成術を公開!

「つみたてNISA」 vs 「NISA」。つみたてNISAが断然おすすめな3つの理由

f:id:zero-riman:20190907154221p:plain

NISA制度には、「つみたてNISA」と「NISA」の2つがあります。

 

これから投資をはじめる人や、はじめたばかりの人はどちらがいいの?と迷うと思います。

 

そんな方々の参考になるよう、この記事では、どちらがオススメなのかを解説しています。

 

 

「つみたてNISA」と「NISA」はどちらがおすすめか。

f:id:zero-riman:20190907155009j:plain

結論から言うと「つみたてNISA」がオススメです。

 

実際にわたしは、「NISA」から「つみたてNISA」へ今年きりかえました。

 

「つみたてNISA」がおすすめな理由をひとことで言うとリスクが低いからです。

ここで言うリスクが低いとは、損をする可能性が低いという意味です。

 

リスクが低くなる理由は以下3点です。

・感情に左右されずに買える

・おのずと分散投資になる

・一喜一憂して時間を浪費しない

 

以下、ひとつずつ解説していきます。

 

 

【理由1】感情に左右されずに買える

「つみたてNISA」では、自分が指定したタイミングで淡々と投資商品を買っていくことになります。

 

毎月や毎日といったタイミングで定額を自動的に買っていくことになります。

(例)毎月3万円、毎日1000円

 

そのため、株価の値動きに関係なくタイミングがくれば買うことになります。つまり感情に左右されずに買うことができるということです。

 

これによるメリットは、

・高値づかみ

・安値での買い逃し

を避けることができるということです。

なぜなら、株価がさがっているときは多く買い、株価が上がっているときは少なく買うことになるからです。いわゆるドルコスト平均法というやつですね。

(例)毎月3万円投資している場合

  1株が10,000円のときは3株かう
  1株が15,000円のときは2株かう

 

あれ、でもこれって普通NISAでも定期的に買えばいいだけじゃないの?と思うかたもいるかもしれません。

 

実際に、普通NISAでも、毎月10万円投資するといったルールを決めて定期的に買っていくことは可能です。

 

しかし、これは言うのは簡単ですが実際に実行するのはとても難しいです。

 

なぜなら、運用期間が5年間と限られている普通NISAでは、値下がりを避けたいという感情がはたらき、株価がさがったタイミングで買いたいという欲求がでてくるからです。
(つみたてNISAは運用期間が最大20年と長期のため、短期の値動きを気にする必要がありません)

 

これにより、株価が上昇中は高くなりすぎたから様子見、株価が下落中はもっと下がりそうだから様子見といった行動をとってしまい、結局なかなか買えないという状況に陥ります。(実際にわたしもそうなりました。笑)

 

あとで振り返ってみると、株価はそこからさらに上昇してしまったり、それ以上は下落せずに底値に近かったということがよくあります。

 

つまり、感情に左右されて買い場を逃してしまうということです。

 

いっぽうの「つみたてNISA」では、人間の感情をはさまずに淡々と買っていくことができるので、買い場を逃すということありません。

 

結果としてリスクが低くなります。これがつみたてNISAがおすすめな1つ目の理由です。

 

【理由2】おのずと分散投資になる

ふたつ目の理由は、おのずと分散投資になるということです。

ここでいう分散とは、「投資対象の分散」と「投資タイミングの分散」のふたつの意味です。

 

投資でリスクを低くするには、分散させることがとても重要になります。

 

なぜなら、投資対象を分散せずに、例えば1社の株に集中投資してしまうと、もしその会社の業績が悪くなり株価がさがると大損失になるからです。

最悪、倒産なんてことになるとゼロになります。

 

また、投資タイミングを分散させずに一気に大金をつぎこんでしまうと、株価が高いタイミングで買ってしまう可能性があります。

一度に大金をつぎこむのではなく、買うタイミングを分散させることでこのリスクはさげることができます。

 

つみたてNISAでは、以下のようにおのずと分散投資になります

・個別株は買えず、投資信託が対象
  →投資対象が分散される

・つみたて投資
  →時間が分散される

 

【理由3】一喜一憂して時間を浪費しない

3つ目の理由は、一喜一憂して時間を浪費しないということです。

 

前述のとおり、普通NISAでは自分のタイミングで買うことになり、さらに短期的な損失をさけようする心理がはたらくため、より安いタイミングをうかがうようになります。

 

また、個別株も買うことができるため、お買い得な銘柄やこれから大きく伸びそうな銘柄を探すようになります。

 

つまり、日々の株価の値動きに一喜一憂するようになっていくのです。

 

経験するとわかりますが、つねに株価が気になるんですよね。笑

 

個別企業の業績や、事業内容、関連ニュースも気になりだします。

 

この時代、スマホがつねに手元にあることもあり、ついつい調べてしまうんですよね。。

 

でも、はっきりいってこの時間はもったいないです。

 

初心者が小手先で調べたところで、投資成績には直結しません

むしろ、感情に左右されて、高値づかみや買い逃しにつながる可能性が高いです。

 

つまり、時間を浪費することになるということです。

 

時は金なり、というように時間はとても貴重です。

 

「つみたてNISA」なら時間を損する可能性が低くなる、というのが3つ目の理由です。

 

 時間の重要性については下記でも解説していますので、ぜひご覧ください。

www.imo-riman.com

 

 

まとめ

つみたてNISAがおすすめな理由は、損をする可能性が低いからです。

その理由は以下3点です。

・感情に左右されずに買える
・おのずと分散投資になる
・一喜一憂して時間を浪費しない

 

以下、関連記事になりますのであわせてご覧ください。 

www.imo-riman.com

 

www.imo-riman.com